2020年08月14日

ため息をついて年の瀬を過ごす

年の流れは人を投げやすい、赤いさくらんぼ、緑の芭蕉、ただあっという間に、私は学校を卒業してすでに2年余り。二年の間に、髪を切ってまた長くなって、人の声が沸き立って、また別れを惜しむことがあります。

時と人とは一体どんな存在なのでしょうか。人生のある段階で、みんなは知り合って、知って、互いに惜しんで、またある1つの分かれ道で別れを告げて、それから姿はだんだん遠くなります。時間が経つのは遅い。私たちが文句を言っているほど遅い。なぜまだ授業が終わっていないのか、。どうしてまだ終わらない試験があるのか……時間が経つのはとても速くて、まだ意気揚々と卒業後にどのようにどのようにどのように言って、たとえ天南海北が必ず机会を探していつも集まることを約束していて、ふと振り返って、仕事に参加してすでに2年余りがあって、当時言った常連絡も時間の中でぼんやりしていて、偶然思い出して少しがっかりしています。

29.jpg

時と人とは一体どんな存在なのでしょうか。親は子供の目の中で、永遠にまっすぐであるようで、彼らは絶対的な威信と力を持っていて、子供の考えを理解することを潔しとしないようで、冲突と反抗は何度も弾圧されて、まだ自分の恨みの涙を含んでいることを覚えていて、ひそかに成長して必ず遠くに走ることを誓って、再び彼らに自分に身振り手振りをさせません。時間が経つのはとても遅くて、私達はすべてどうしてまだ成長していないと文句を言って、まだ成長していません。時間が経つのは早い、早い、小学校、中学校、高校、大学、就職など、やっと親から遠く離れた場所にたどり着き、一年中何日も家にいられなかった。会うたびに、彼らに対する固有の印象が変わってきた。私たちが家に帰ってくるのを見ていると、彼らの笑顔が顔にしわを重ねているのを見ていた。彼らの一句一句の念を聞いていた。歳月は彼らの顔をやさしくし、生活の難しさと辛さが彼らの腰を曲げていた。若い頃の気風や意気込みを取り戻すことなく、少しずつ理解して釈然とし、親と和解し、自分と和解する。

80.jpg

時と人とは一体どんな存在なのでしょうか。かつてあれらの厳しくて、批判の声は私達の長年の抵抗と排斥されて、あれらのつまらない大道理と思って、軽視の中で記憶の長い河の中に閉じ込められて、後の時間の中で清らかに浅くうろついていて、ほとんど忘却に近いです。私達は大きくなって、もうあれらの声がなくて、あれらのこのような「学生になるには学生の様子が必要です」、「あなたはあなたの時間を荒廃してはいけません、人生は1回だけです」このような話を聞いたことがなくて、人生の舵を手に握って、私達はまたどこに向かっていますか?幸いなことに、それらの耳障りな音はほとんど忘れて、ただほとんど、私達が迷って落ち込んでいる時に前進する方向を指摘して、私達が近道を歩きたい時に音の警鐘を鳴らして、呆けた。前の世代が歩んできた道、経験した苦しみは、彼らがまとめた経験と教訓となって私たちに伝授され、時間とともにますます深くなっていきます。私たちは悲歓离合、曇り晴円欠の中で自分の酸いも甘いも苦い人生の味を体得して、時間の果てまで歩いています。

時間は細く長く流れ、潤いのある姿で静かに世の中の人、事、物を変えている。ツバメは行きツバメは来て、花は花を咲かせて散る。私たちは四季の輪廻の中で巻き込まれながら前進し、次第に成長し、成熟していく。私を捨てて行った者は,昨日の日はもうとどまることができないのに,どうして夢を馬にして,華に背かないのか?成長の陣痛も、繭を破って蝶になるのを止めることはできない。年を越して笑って投げて,我々の未来は期待できる.。

posted by ナガサワ ツトム at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする