2022年04月05日

冬のスタイリングに取り入れたい《moca.arpeggio》のジュエリー&スカーフ

2022年4月20日(月)~26日(日)の間、NEWoMan横浜 5F Lab.petit 「Life style comfy」にて開催されるマーケットに、《moca.arpeggio(モカアルペジオ)》《ヴァンクリ ネックレス 偽物》《Nando Jewelry(ナンドジュエリー)》が出展する。
「心地よい(comfy)」をコンセプトに、異なるジャンルの3ブランドが共演する今回のイベントでは、それぞれのブランドが、あなただけの「新しいもの」「心地よいもの」を提案する。
リアルフェザーと、吹きガラス・シルバーの調和を追求しながら創作を続けている《moca.arpeggio(モカアルペジオ)》からは、素材の特性を生かしたアクセサリーに加え、昨年発表したスカーフが登場。

星空ネックレス

Plumeイヤカフ / Little birdsネックレス柄スカーフ
世界最高水準の技術を認められた「横浜」で生産された日本製スカーフに加え、アレンジに便利なスカーフリングも店頭では初お披露目となる。
「NEWoMan横浜」初の出展となる《moca.arpeggio(モカアルペジオ)》の世界観が満喫できるジュエリーとスカーフ、ウィンターシーズンに色気を添えるアイテムとの出会いを楽しめそう。


posted by ナガサワ ツトム at 15:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

こんなダウンコートが揃っています

2着目にも本命にも見ておきたい、防寒オシャレを叶えるダウン。
その驚くほど軽やかであたたかい機能性と今どきらしいデザイン性に魅了され毎年人気を博している「西川ダウン」。
ナノ・ユニバースとのコラボから生まれた日本ブランドで、コスパに優れたダウンコートを毎年リリースしています。
ノースフェイス 偽物
レディライクなシルエットのエレガントな2WAYダウンコート。
ファーとフードは取り外し可能でノーカラーダウンとして着ることも。ホワイトカラーなら羽織るだけでリッチに。
決してミリタリーに転ぶことのない、ブラウンに近いカーキカラーは、カジュアル服を品欲新鮮な表情に。
秋~冬初めは1枚で羽織って、冬本番はコートのインナーとして使えるインナーダウンコート。
薄手なのにしっかり暖かく、手持ちのコートにプラスするだけでお洒落の幅が広がります。




posted by ナガサワ ツトム at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

ディオール×一生ものバッグ3選

パリ メゾンの洗練を体現する名品中の名品バッグ
1946年パリで創立した高級ファッションブランド。その魅力は高貴でエレガントなデザイン&シルエット……、例えば1948年のジグザグラインをはじめ1954年のHライン、1955年のAラインなど、新しいムーブメントを常に引き起こし続けてきました。
身に着けるだけでスタイルがクラスアップすると、誕生以来、世界中の女性を虜にし愛され続けています。
レディ ディオール
上品な女らしさ──。かの英国のダイアナ妃がこよなく愛した、まさにこれ以上ないレディの装いのための名品バッグである「レディ ディオール」。
デルヴォー バッグ 偽物

メゾンのアイコンである、ナポレオン3世様式の椅子の編みこみに由来する“カナージュ”模様や、クラシカルなハンドルのフォルム。ディオールというブランドを象徴するディティールの数々に加え、これさえ持てばどんな装いもたちまち品よく仕上がるということ間違いなしという確かな気品にあふれています。
オープン バー
このバッグは、ブランドのアイコンデザインである「バー ジャケット」から着想を得たもので、ウエストラインを細く絞った8の字シルエットは、今でも受け継がれるブランドのフェミニティを象徴しています。
やわらかな質感のレザーに角のない丸みを帯びたフォルムの可憐さ。無条件で大切に扱いたくなる愛おしい存在感は女性そのもの……。不要な装飾をそぎ落としたストイックなデザインは、女性らしいエレガントな佇まいが際立ち、色気も発する。
サドルバッグ
2000年に登場したDoirの「サドル」が約20年の時を経て、今を生きる女性のために生まれ変わったNEXT新定番。ちょっと変わった形は、サドル=馬鞍のフォルムにインスパイアされたもの。当時は名だたるセレブが愛用し、一世を風靡しました。
そして現在、何より注目したいのはショルダーストラップの登場。クロスボディスタイルで持てるようになったことは、20年前には無かった発想。“あらゆる場面に合うアイテムにしたかった”という、Dior初の女性ディレクター、マリア・グラツィア・キウリの思いが形になっています。




posted by ナガサワ ツトム at 12:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。